評判

ワイン資格口コミ評判ランキング

ワインソムリエ

ワインは、比較的飲みやすく、食事によって相性が合うワインを選ぶ楽しみがあるため人気があります。大まかなワインの種類は、知っていても、産地やぶどうの品種、テイスティング等、知れば知る程奥が深いため、ワインの資格は常に人気があります。ワインを基礎から学びたい初心者から、ワインをある程度知っているが本格的に学んでみたい方、仕事として挑戦したい方など様々です。ワインを知って、自分の好きなテイストや種類等を発見することができる楽しさやワイン仲間を作って、楽しみたいかたなどにもおススメの資格です。

1位 ワインコンシェルジュ

日本安全食料料理協会が主催している資格で、ぶどうの品種ごとに異なる特徴や、各国のワインの特徴など、ワインに関する基礎知識と、ワインについての情報を熟知している方に認定される資格です。ワインの産地や特徴、分類、ワインの造り方、
それぞれのワインに合う料理、ワインの保存方法など、ワインが好きで、趣味として知識を得たい方でも、楽しく学ぶことができます。酒類製造、販売業、流通業、レストランやホテル等の飲食サービス業などでも資格を活かすことができ、選択の幅が広がるでしょう。資格取得後は、自宅やカルチャースクールで講師として活躍することも可能です。ワインコンシェルジュ資格詳細

2位 ソムリエインストラクター

日本インストラクター協会が主催している資格で、料理に合うワインを、的確にお客様にアドバイスできる能力を有していることを認定する資格です。ワインには、品種、原産地製造元、年代によって種類は膨大にあります。そのうえで、ソムリエインストラクターは、幅広い知識と、ワインを識別する力が必要となります。またワインは、保存状態でも品質が変化してしまうため、仕入れ、保管、管理の知識など総合的に学んでいくことがソムリエインストラクターの道のりになります。お客様とのコミュニケーションも仕事の一貫であり、コミュニケーション能力の大切さも学ばなければなりません。ソムリエインストラクター資格詳細

3位 ワインエキスパート

日本ソムリエ協会が主催する資格で、職種、経験は不問で、ワインの品質判定に的確な見識を持っていることを有している方に認定されます。そのため、ワインを趣味として勉強してみたい、資格を取ってみたいという方におススメの資格です。ワインの基礎用語や種類や産地など出題は幅広く、専門的な知識が必要となります。またテイスティングの経験も必要となるため、たくさんのワインに触れていることが大切です。資格取得のため、スクーリングなどを通して、ワイン好きな仲間と一緒に、ワインを通してコミュニケーションをとり、新たな輪が広がることも楽しく資格を取得するためには大切な時間です。

4位 ワインアドバイザー

日本ソムリエ協会が主催している資格で、一次試験において、業務経験が通算2年以上経験しており、現在も従事している方が受験資格になります。業務経験としては、酒類製造及び販売、流通業、アルコール飲料を含む飲食に関係する専門学校、料理学校の講師、列車内でのワゴン販売をしている方を対象としています。ワインアドバイザーは、ワインを購入しようと来られたお客様に、好みや要望にあったワインをセレクトし、提供や購入のアドバイスをおこなわなければなりません。お客様好みのワインを的確に判断するためにも、ワインの勉強を続け、ワインに精通しておかなければならない仕事です。ワインを一手に引き受ける責任のある仕事でもありますが、その分、やりがいのある仕事になるでしょう。

5位 ワインコーディネーター

全日本ソムリエ連盟が主催している資格で、知識だけではなく、トレーニングを重視した独自のカリキュラムを導入しているのが特徴です。受験資格は、20歳以上であれば経験は問いません。求められる知識や能力としては、ソムリエとしてのもてなしの心である好感度のある接客力、ワインの特性を見抜くテイスティング力、ワインの保存管理知識とトレーニング、TPOに合わせた、ワインの対応方法、ワインに詳しくない方にもわかりやすく説明できる力を必要としています。ワインを好きな方や、これからワインを趣味にしている方には、おススメの資格です。
ワイン・ソムリエ  ワイン・ソムリエ