評判

ロマンチックな演出も思いのまま!キャンドルの達人になろう!

キャンドル

あたたかみのある優しい光で癒されるキャンドル。
蛍光灯やLEDにはない独特の雰囲気はキャンドルならではのものがあります。
お店で売っているキャンドルも良いですが、オリジナルで手づくりのキャンドルをつくる人も多く、「作り方を覚えてオリジナルを作りたい」という人に向けた資格が数多くあります。
その中でオススメの資格をいくつかご紹介したいと思います。

キャンドル作りをステップアップさせる資格

前述の通り、キャンドル作りに関する資格はいくつもありますが、勉強することで様々な技術を身につけられ、役立つオススメの資格は、日本デザインプランナー協会(JDP)が認定する「キャンドルデザインマスター(キャンドルマイスターデザイン)」と、日本インストラクター協会(JIA)が認定する「キャンドルアドバイザー」という資格です。

キャンドルデザインマスター(キャンドルマイスターデザイン)

キャンドルデザインマスター(キャンドルマイスターデザイン)とはキャンドル製作に関する知識・技術をもつ人に認定される資格です。
キャンドル作りの材料や様々な種類のキャンドルの特徴、製作工程などが試験内容になり、キャンドル作りのイロハが学べるので人気の資格です。

キャンドルアドバイザー

キャンドルアドバイザーとは、ベーシックなキャンドルを始めとする各種キャンドルの知識と製作技術を習得し、インストラクターとして他の人に教えることが可能であると判断された人に認定される資格です。
資格を取得するとカルチャースクールなどでの講師活動が許可されます。

受験について

 どちらもインターネットから申請可能で在宅受験が可能です。
7割の評価があれば合格です。受験料は各1万円となります。
受験日など詳しくは下記のリンクをご参照ください。
https://www.designshikaku.net/

https://www.jpinstructor.org/

合格をめざして

どちらの資格にも、合格に向けた数多くのスクールや講座があり、通信教育の講座も豊富にあります。ネットでそれぞれの資格について「キャンドル 通信講座 ランキング」や「キャンドル 資格」などの検索ワードで調べると、通信教育やスクールに関する情報がすぐに出てきます。
「キャンドルデザインマスター(キャンドルマイスターデザイン)」「キャンドルアドバイザー」は、それぞれ人気の資格なので、検索するといろいろなサイトが上がってきます。
値段や内容も様々ですので、それぞれのサイトの口コミなどの評判を比較し、よく調べた上で自分に合った、楽しく学べるものを選ぶと良いでしょう。
各地域でカルチャースクールも多く開催されているので、そちらに参加して講師の方などにお話を聞くのもオススメです。

ロマンチックな雰囲気作りをしたい方や、普段アロマキャンドルなどでリラックスしている方には自分オリジナルのキャンドルを思いのままに作れるようになるオススメの資格です。
キャンドル  キャンドル