評判

レターライティングマスター口コミ評判

手紙の書き方

言葉や文字はあまりにも日常に溢れすぎていて、その本質や美しさを考える機会は減っていく一方となっています。手紙を書く習慣も少なくなり、伝える技術や心の込め方は失われつつあるといえるでしょう。

そんな日本語の持つ素晴らしさを理解し、手紙に書き表す能力を有した人を、日本デザインプランナー協会は「レターライティングマスター 」として認定しています。人を喜ばし、楽しませる手紙を書く技術は、現代でも重宝されるものに変わりありません。手紙という文化に息づく文字や言葉をもう一度見直すために、レターライティングマスターの資格を目指す人が増えてきています。

レターライティングマスターの資格を持てば、自宅やスクールで講師活動ができます。趣味で手紙を書き続けてきた人も、資格を機に新たな人生をスタートさせられるかもしれません。パソコンやスマートフォンでの意思伝達が主流な今だからこそ、手紙を書く力は特別な価値を持ち始めているのです。

【書くという力が必要とされる】

現代でも文字や言葉は当たり前のように使われ、日々変化を続けています。しかし手紙に触れて書くという行為は影をひそめ、年齢によってはほとんど書いたことがないという人もいるでしょう。それでも手紙という文化が衰退し、影響力が弱まったわけではありません。むしろ手紙を書き、文章を魅力的に綴るという技術が、価値あるものとして再発見されているのです。

突然手紙を書けといわれても、知識も経験もない人ではまともなものを作りだすことができません。手紙を書き続け、文字が持つ意味や言葉遣いに注意を向けられる人にしか、心を揺さぶる手紙は書けないのです。書くという力は、仕事や生活の様々な場面でその輝きを発しています。

レターライティングマスターの資格を取得できるほどの技術は、ビジネスに活かす力となります。手紙を書くことが好きで、日本語に興味を持てるのなら、資格試験を受けてみることをお勧めします。

【手紙が書けるようになるだけではない】

レターライティングマスターの資格を取得すれば、もちろん手紙を書く技術やノウハウは身につきます。しかしそれだけではなく、仕事やプライベートを選ばずに活躍の機会に恵まれるのがこの資格の特徴です。

就活や転職をしている人は、その間に直筆で文字を書くことがあるでしょう。そのときに理路整然とした文章が書けるなら、それはプラスの要素として相手に伝わります。また綺麗な文字が書けるようになっておけば、日常のあらゆる場面で恥じることなく自分の言葉を書き残せるようになるでしょう。

自信を持って言葉を書くという姿勢が身につけば、生活の態度や心境にも変化が訪れます。口にする言葉にも注意が向き、コミュニケーション能力の向上へつながるでしょう。レターライティングマスターの資格は、生活の乱れや悪癖を正す良いきっかけとなり得るのです。

【言葉に対する認識を見直すために】

私たちの生活は言葉に囲まれ、そして支配されています。季語や敬語の意味や型式よりも、いかに実用的で口当たりの良い物であるかが重要視される傾向は、日本語の持つ美しさや気品を損なう原因となっているのです。

レターライティングマスターの資格を持った人は、講師として活躍できます。言葉の持つ重みや本質は、もっと多くの人たちに認識されるべきなのです。言葉を見直し、手紙を書くという習慣を根付かせるためにも、レターライティングマスターの資格を持った人の活躍が待たれています。

手紙への関心、言葉への興味があるのなら、日本デザインプランナー協会の資格試験を受験してみましょう。あなたの行動が再び手紙と言葉の価値を認知させ、新たなビジネスモデルの確立につながるかもしれません。
手紙の書き方  手紙の書き方