評判

ペット繁殖インストラクター口コミ評判

ブリーダー

日本のみならず世界的にペットのブームは続いています。ペットを飼うことは、家族を増やすことであり、ペットは私たちにかけがえのない時間を与えてくれます。そんなペットに関する資格は様々にあるのですが、今回はその中でも少し変わった資格についてご紹介したいと思います。その資格とは、ペット繁殖インストラクターです。

ペットショップに並ぶペットの出生について。

欧米ではペットショップでペットを売ることを禁止している国もあるようですが、日本においては、ペットを飼おうとするときの選択肢としては、依然としてペットショップで買うことがメジャーなものでしょう。ペットショップに行くと、様々な種類のペットが売られていますよね。しかし、それらのペットはどこで生まれているのでしょうか?ペットショップに並ぶペット達の多くは、ブリーダーの手で繁殖させられて、生まれてきています。つまり、多くの場合、ペットがペットショップに並ぶまではすべてブリーダーの手で育てられるということです。繁殖、出産、生まれた直後の赤ちゃんを育てることを行うブリーダーにはとても深い確かな知識が求められます。そして、そういったブリーダーに重宝されている資格がペット繁殖インストラクターです。

ペット繁殖インストラクターの特徴。

ペット繁殖インストラクターには本当に様々な点に関する深い知識が求められます。交配の方法、妊娠周期、発情期などの交配可能期間、出産周期、出産時のリスクなど、ここに全てを書くことは全く不可能なほどペットの繁殖についての幅広い知識が必要となります。また、それらの知識について、犬と猫の違いも把握し、また、犬種や猫の種類ごとの注意点まで意識をする必要があります。それもこれもペットの繁殖という命の現場に直接携わる人に向けられた資格だからなのですね。ただ、安心して頂きたいのは、ペット繁殖インストラクターにはペットという言葉がついているため、様々な種類のペットに対して知識が必要に思えますが、試験の中心になるのは犬と猫です。やはり日本においては、犬と猫がペットの中心なので、より実践的なところを意識して、このような構成になっているのでしょうね。

どのような人が取得する資格なのでしょうか。

ペット繁殖インストラクターは前述もしましたが、かなり難易度の高い資格です。命に直接関わる知識が求められる資格なので、難易度が高いのは仕方ないことです。しかし、その分、ペット繁殖インストラクターの資格は人材市場で非常に高い需要がある資格でもあります。ペット繁殖インストラクターの取得を考える人は、ブリーダーなどとして本格的に仕事に結びつけることを目指していることが多いです。一度取得すると、ブリーダーなどの求人に応募する際にかなり心強い資格ですので、本格的に学ぶ覚悟のある人にはとてもお勧めです。このように難易度の高い資格であるため、犬や猫が好きだからという理由だけで取得を目指しても途中で挫折してしまうことが多いかもしれません。確かな目的意識をもって取得を目指してくださいね。

ペット繁殖インストラクターを利用して、働きがいのある仕事に就きましょう。

繰り返しになりますが、ペット繁殖インストラクターは命に直接関わる資格です。そのため、責任が重大でもあります。中途半端な知識しか持たない人には合格を出すわけにはいかないでしょう。しかし、そのようなハードルを超えてペット繁殖インストラクターを取得することができれな、その先には非常に働きがいのある仕事が待っているはずです。ブリーダーとして働くこともあれば、スクールの講師になる道もあります。ペット繁殖インストラクターは確かなニーズのある資格ですので、取得することのメリットは確実にあるでしょう。中々ハードルの高い近くではありますが、命の現場に携わる達成感を得ることができ、かつ、動物を守ることにもつながる資格ですので、興味がある方は覚悟を持って取り組んでみてください。
ブリーダー  ブリーダー