評判

ブリーダー資格人気ランキング

ブリーダー

いま犬や猫といったペット、愛玩動物のたぐいは、日本で飼育をする人が非常に多くなっています。核家族化が進む中で、ペットを子供の代わりに可愛がる人、また高齢者のメンタルケアなどにも役立つのがペットになってきています。そこでペットを飼育しオエッとショップなどで販売するための資格が必要となってきており、需要が出てきています。いかに紹介していく資格を所有していれば、ペットショップやブリーダーとして働く時に、きっと大きな手助けになってくれることでしょう。

1位 ペット繁殖インストラクター

日本インストラクター協会が、資格の認定を行っている制度になります。この資格の内容としては、ペット繁殖に関する指導などができるインストラクターになるために、犬や猫の種類と、それぞれの飼育や繁殖に関する性格な知識を持っていることが必要になるのです。人気のある種類のペットを繁殖させていくために、それぞれの動物の配合の仕方や妊娠していく周期などを性格に把握している必要があります。オスメスの生活の方法や正しい食事の与え方、犬の種類で言えばチワワやヨークシャテリアなど全く種類によって育て方は繁殖のさせ方が違うこともあります。性格に優れて人間の飼育を受け入れやすい犬を産んでいくのにも、しっかりとコツを把握していく必要があるのです。また最近増えている猫ブリーダーになるための猫の飼育方法や、健康を健やかにに管理していくための方法、奇形の猫が生まれてしまった時の対応や、ペットショップへの出荷をしていくための手続きなども学ぶことができるようになっています。この資格の認定を受けることで、ペット繁殖に関する性格なアドバイスができるようになるので、カルチャーセンターなどでインストラクターを務めるのにも役立ってくれることでしょう。

2位 犬・猫ペットブリーダー

日本生活環境支援強化が認定をしている、ペットの飼育と繁殖に関する資格になっています。どんな内容のことを学べるのかというと、犬・猫ペットブリーダーになるために、一般的な日本の家庭で飼育される犬や猫の繁殖に関して、ブリーダーとして活動できるほどのものを身につけられるようになっています。またブリーダーとして仕事をしていくための、開業に関する知識やブリーダーとしての経費や収入、動物に関する法律にはどんなものがあるのかなどの、大変実践的な内容になっているのも特徴です。ブリーダーとして生計を立てていくためには必要不可欠な、ペットショップや個人との動物の売買に関してもノウハウや事例を学びながらトラブル無く、仕事をしていくことができます。資格試験も10,000円で受けられるので、自分のスキマ時間を活かして学んでいき、合格を目指せます。

3位 ブリーディング技能師

この資格の認定を行っているのは、財団法人職業技能振興会となっています。ペーパーテストを受けて合格を受ける資格であり、年3回も試験を行っているので、手軽の取得を目指せる資格の一つでもあります。資格の勉強内容はやはり犬や猫のブリーダーとして、動物を健康な状態で繁殖し、犬猫を解体人に健康的な動物を届けていくという資格になっています。血統書を持った動物ならではの遺伝に関する病気や罹病に対してもしっかりとした知識を学べます。

4位 ペット繁殖指導員

日本ペット技能検定協会が認定を行っているのがペット繁殖指導員です。カリキュラムを受講すれば12000円で認定を受けられる手頃な資格です。トップブリーダを目指すだけではなく、生き物として育むものとしての心構えを学んでいき、しっかりと同僚などへ、ブリーダーに必要な知識やスキルを指導できる立場として勤務ができるようになります。動物を一つの生命としてしっかりと愛護し、彼らが悲しい思い、不幸な思いを受けることがないように、ペットの生育や繁殖を指導する責任重大な立場ともなっています。

犬や猫は大切な人間の仲間であり、尊い命を持った人間と同質の存在になっています。そんな犬猫、その他の動物を守っていくためにも、これらの資格を取得して、正しい繁殖ができるようになりましょう。
ブリーダー  ブリーダー