評判

フラワーアレンジメント花資格口コミ評判ランキング

フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメントの資格は、結婚式、誕生日、イベントなどお祝いの席で、花を飾り付けたり、オフィスや店舗、ホテル、レストンのスタンドフラワー、テーブルフラワー、会場の飾り付けなど、様々な場面で花を飾り華やかさを演出することができます。フラワーデザインに関係する仕事は、女性に人気が高く、花に関する知識を身につけるだけでなく、花のアレンジ力や色彩感覚のセンスが問われます。フラワーショップで働いてみたい方や、花が好きで、趣味として、花をアレンジする方法や飾り付けの技術を学びたいと思っている方におススメの資格になります。

1位 フラワーアレンジメントデザイナー

日本デザインプランナー協会の主催する資格です。フラワーアレンジメントに対する知識を持っており、イベントや式典、日常の中で花を様々な場所で飾ることができるアレンジ力ができる方に与えられる資格です。花の種類や、花屋での花の選び方、下準備、花の扱い方などの基礎知識、アレンジメントの基本から応用まで季節の花々を美しく自由にアレンジする技術を学ぶことができます。季節や行事に合わせて、アレンジのテクニックを習得し、それを自分の好きな花を使って応用でオリジナルの作品もつくれるようになります。各種飾花業界、インテリア業界を目指している方にも人気の資格です。
フラワーアレンジメントデザイナー資格詳細

2位 飾花インストラクター

日本インストラクター協会が主催している資格です。資格試験は、花や花器に対して、様々なアレンジの技巧であるフォーカルポイント、ガーランドなどのフラワーアレンジメントの技術を習得した方が認定される取得資格になります。花が大好きで興味がある方、オリジナルの作品を作って、展示や販売をしたい方、花屋さんで働いていて技術をもっと磨きたい方におすすめの資格です。フラワーアレンジメントを習う事で、集中や創作意欲が沸き、ライフスタイルの充実にもつながり、経験を積んでいくうちに、副業として活かせるようになるかもしれません。オリジナルの作品を作り、自宅に飾ったり、友人へのプレゼントでも喜ばれはずです。飾花インストラクター資格詳細

3位 NFDフラワーデザイナー

フラワーデザイン団体の中で、公益法人が認定している資格は、日本フラワーデザイナー協会(NFD)の資格のみになります。花の植生を第一に考えた試験であり、自然に咲く花やさしく考え、テーブルの上で試験のテーマに取り入れています。資格は3級からスタートし、技術のレベルに従って1級まであります。第一段階である、3級の受験には、NFD講師の元で習ったり、もしくは、NFD公認校で、必要な単位を習得しなければなりません。3級の受験資格を得るのには、およそ半年〜1年のレッスンが必要となり、技術を磨いていきます。資格取得後は、フラワーデザイナーとして、花店、アーティスト、講師、趣味等で活躍されています。

4位 フラワー装飾技能士

フラワーデザインに関する厚生労働省認定の国家資格になります。花に仕事として携わっていることが受験資格として求められることから、趣味の一貫として受験することができません。技能検定は、3級、2級、1級となります。受験するための実務経験は、3級は、実務経験が6か月以上、2級は、実務経験が2年以上、1級は、2級が合格している場合、実務経験で2年。1級から直接受験する場合は、実務経験が7年以上、職種と同じ学科を卒業している場合は、4年以上が必要となります。また花装飾に関する知識や勉強は、専門学校、大学、職業訓練校で学ぶことができます(任意)。

5位 プリザーブドフラワーアドバイザー

フラワーエデュケーションジャパンによる検定資格になります。プリザーブトフラワーに関して知識を学び、歴史、各ブランドの特徴、ワイヤリングの正しい使い方、テーピング、アレンジメント方法、保管方法など、プリザーブトフラワーに関する総合的な知識を習得ます。プリザーブトフラワーとは一旦、生花や葉の樹液を抜き、特殊な染料を吸わせ、水分を抜いた素材のことを言い、特殊な技術をもとに生花のみずみずしさ、美しさをできるだけ長い期間楽しめるように作られたお花のことです。試験合格後は、プリザーブドフラワーアドバイザーとして活動することができるようになります。
フラワーアレンジメント  フラワーアレンジメント