評判

ファッションデザイン・デザイナー資格口コミ評判ランキング

ファッションデザイナー

ファッションは、その年の流行色、形、素材、デザインなど少しずつ変化していきます。またその年齢を対象にしたイメージにあった商品を世に送り出していかなければなりません。性別の違い、年齢層の違い、季節、流行によって服、のコンセプトが大きく変わることから、時代を読み取る感性、人脈、広く情報を集める情報収集能力、イメージを創造する能力などの
センスの力が求められて行きます。服が好きで、ファッション関係の仕事を目指している方におススメの資格になります。

1位 ファッションデザイナー

日本デザインプランナー協会が主催する資格です。様々なファッションの名称や形、機能面やデザイン等の知識を持ち合わせている能力がある人に認定される資格です。ファッションデザイナーは、服や靴、バックなどのデザインに関して世に送り出していく仕事です。服などのデザインだけではなく、企画、使用する色や素材なども総合的にプロデュースして服を仕上げる
までが仕事になります。ファッションデザイナーを目指すためには、専門知識やテクニックなどの実務経験が必要であり、大学、通信教育、専門学校で、デザインの基本的な知識と技術を学び、アパレルメーカーに就職し、経験と実績を積んでいくのが最初のスタートとなります。ファッションデザイナーの資格は、デザイン関係、服飾業界に広く需要があります。
ファッションデザイナー資格詳細

2位 服飾インストラクター

日本インストラクター協会が主催する資格になります。色使いや着こなし、デザインなどの服飾に対しての知識をもった人に与えられる資格になります。服飾に関して、一定レベル以上の知識を有した人に認定され、服をデザインしていく上で、必要な専門的な知識から技術まで総合的に学ばなければなりません。服飾インストラクターは、自分の服装で、個性を表すだけではなく、TPOに合わせた服装の提案、またその人それぞれの個性やキャラクターに合わせた服装などをアドバイスすること
ができます。資格取得後は、アパレルメーカー、デザイン事務所、服飾ブランドで経験を積んでいくことが必要です。また講師としても活躍することができるようになります。
服飾インストラクター資格詳細

3位 パーソナルカラリスト検定

日本カラリスト協会が主催する資格になります。色彩知識と配色調和について能力のある方に認定される資格になります。その人それぞれの肌色、瞳、髪の色によって、似合う色や調和する色、馴染む色は変わっていきます。また色が視覚的に影響を及ぼすのは、89%と言われています。人の第一印象は、数秒で決まってしまいます。人に対して、良い印象に与えるためにも、その人の魅力を最大限に引き出し、方法をアドバイスしていくことが、パーソナルカラリストの仕事になります。ファッション、ブライダル、デザイン、インテリア、フラワーなど、カラーに関する知識が必要となる業界では、パーソナルカラーの知識は必要となってくるため、資格を活かすことができるでしょう。

4位 カラーコーディネーター検定試験

仕事に実践的に役立つ色彩知識を身につけているかの能力を示す検定試験になります。商品やデザインの色は、大きな影響を与え、その年のヒット商品が生まれることがあります。色の性質や、特性、色彩の知識を身につけることによって、色の持つ効果を商品開発や、街づくりなど、多岐にビジネスで活かすことができます。アパレル、化粧、雑貨、インテリアなど、様々な商品は、色も重要な部分になっています。カラーコーディネーターの資格は、実践ですぐに役立つ色彩の専門的な知識を活用し、色彩の知識を活かして、仕事の商品陳列や、配置、製品説明もできるようになります。商品、広告に合った色、人に与える色の印象を考えた上で、色やデザインの提案アドバイスしていくことができます。建築、広告業界、ファッション、化粧品、など資格を活かし、活躍できる場は多くあります。

5位 ファッションビジネス能力検定試験

日本ファッション教育振興協会が主催する資格です。顧客の満足を追求し、収益を可能にする戦略を立てられる人材を育てるため、ファッションの造形的知識や技術、流通まで幅広い知識もったことを証明する検定になります。3級からスタートし、1級まであります。受験資格に制限がないため、ファッション業界で働いている人だけでなく、これからファッションの仕事を就こうとしている方や、目指している方なども幅広く受験することができます。マーケティング戦略、マーチャンダイジング戦略、流通企画、マネジメント知識が問われます。また、ビジネス知識、ファッションの造形知識を学ぶことができます。
ファッションデザイナー  ファッションデザイナー