評判

ビジネスマネジメントランキング

ビジネスマネジメント

ビジネスシーンにおいて求められている立ち居振る舞いや発言は、ある程度までは会社から教育を受けることができますが、問題に対しては自分から提案して改善していく必要があります。今回はビジネスに役立つ資格をランキング形式で1位〜6位までご紹介します!

1位. ビジネスマネージメント認定試験

日本生活環境支援協会が行っている認定制度です。
ビジネスシーンに置いて社会人として知っておきたい知識や上手くいく人間関係の構築方法などから出題されます。独学でも取得可能ですので、これから就活の学生や社会人で人間関係について基礎的なところから学びたい方におすすめの資格です。
受験資格は特にありません。受験申し込みから受験まで在宅にて行う事ができます。合格基準は7割以上の解答率で合格。受験料は税込で10,000円。
(参考サイト)日本生活環境支援協会公式HP
https://www.nihonsupport.org/shiken/mentalcaremanagement/

2位. ストレスケアマネージメント

日本アロマメディカル心理セラピー協会が行っている認定制度です。
ビジネスにおいて必要な感情コントロール方法、心理トレーニングを用いたストレスへの対処法やストレスの知識・効果的な対処法について一定以上の知識がある方が認められる試験です。現代のようなストレス社会では持っていて損になることはありません。
受験資格は特にありません。受験申し込みから受験まで在宅にて行う事ができます。合格基準は7割以上の解答率で合格。受験料は税込で10,000円。
(参考サイト)日本アロマメディカル心理セラピー協会公式HP
https://www.domap.net/test/stresscare/

3位. ロジカルシンキングマスター

日本生活環境支援協会が行っている認定制度です。
ビジネスの場では社内外で相手を納得させる話術や交渉術が必要です。このためには相手にわかりやすく話すことが必要ですが、なかなか実践できている人はいません。この資格では帰納法・演繹(えんえき)法といった基礎的な知識をベースとして、優先順位を考慮し理論的に話す思考力が問われます。
受験資格は特にありません。受験申し込みから受験まで在宅にて行う事ができます。合格基準は7割以上の解答率で合格。受験料は税込で10,000円。
(参考サイト)日本生活環境支援協会公式HP
https://www.nihonsupport.org/shiken/logicalthinking/

4位. 論理的思考インストラクター

日本インストラクター協会が行っている認定制度です。
問題解決のための論理的思考力を有しているかを問う試験です。問題の本質を見極め、適切なアプローチ方法で問題解決へ導く思考能力が認められた人に与えられる資格です。
受験資格は特にありません。受験申し込みから受験まで在宅にて行う事ができます。合格基準は7割以上の解答率で合格。受験料は税込で10,000円。
(参考サイト)日本インストラクター協会公式HP

https://www.jpinstructor.org/shikaku/ronritekishikou/ 

5位. ビジネスマネジャー検定

東京商工会議所が行っている認定制度です。
どちらかというとマネージャークラスの方に向けた資格です。これからマネージャーになる、またはなりたい方におすすめです。マネージャーとしての心得や部下、組織、そして自身のマネジメントから、上司・外部とのコミュニケーション、業務効率化に関しても幅広い分野から出題されます。
受験資格は特にありません。合格基準は7割以上の解答率で合格。受験料は税込で6,480円。出題範囲は公式テキストから出題されますが、時々テーマからも時々出題があるようです。
(参考サイト)東京商工会議所公式HP
http://www.kentei.org/bijimane/

6位. PMP資格

Project Management Institute日本支部(本部はアメリカ合衆国)が行っている認定制度です。PMPとは、プロジェクトマネジメントプロフェッショナルの略。
資格取得後も資格を保持するために3年ごとに講習、試験があります。
受験資格は以下の通りです。
プロジェクトを指揮・監督する立場で一定期間のプロジェクトマネジメントの経験があること。

  • 高校卒業またはそれに相当する資格をお持ちの方は、60ヶ月間のプロジェクトマネジメント経験を含む、プロジェクト業務※を指揮・監督する立場での7500時間の実務経験が必要です。
  • 大学卒業またはそれに相当する資格をお持ちの方は、36ヶ月間のプロジェクトマネジメント経験を含む、プロジェクト業務※を指揮・監督する立場での4500時間の実務経験が必要です。

受験条件となるプロジェクト業務は、試験申し込みから遡ること8年以内の業務に制限されています。

試験申し込みの際には、プロジェクトマネジメント経験証明(Experience Verification Information)の提出が求められます。申込者は、プロジェクト1件ごとに1様式へ記載します。申込書が不十分な場合は、差し戻しとなります。

受験料、また更新料は以下の通りです。

PMI会員405ドル(再受験の場合:275ドル) (更新:60ドル)
一般555ドル(再受験の場合:375ドル) (更新:150ドル)

(参考サイト)Project Management Institute日本支部公式HP
https://www.pmi-japan.org/pmp_license/
以上、ビジネスマネジメントランキングでした!
ビジネスマネジメント  ビジネスマネジメント