評判

パワーストーン資格人気ランキング

パワーストーン天然石

パワーストーンってカラフルでアクセサリーにしても可愛いですよね。パワーストーンにはそれぞれ意味や効果があり、せっかくなら知識を身につけて活かしませんか?今回はパワーストーンに関する資格をランキング形式で1位〜5位までご紹介します!

 

1位. パワーストーンスペシャリスト

日本生活環境支援協会が行っている認定制度です。

受験資格は特にありません。受験申し込みから受験まで在宅にて行う事ができます。

試験内容はパワーストーンに関する歴史・知識・種類・意味・効果・手入れ方法などから出題されます。

なんとなく運気が下がっているような気がする…、またどうせ身に付けるなら効果がありそうなものを身につけたいという方も多く、特に女性に人気の資格です。

合格基準は7割以上の解答率で合格。受験料は税込で10,000円。初心者でも取得可能な資格です。

 

(参考サイト)日本生活環境支援協会公式HP

https://www.nihonsupport.org/shiken/powerstone/

 

2位. 天然石セラピスト

日本アロマメディカル心理セラピー協会が行っている認定制度です。

天然石の種類・色・産地・硬度・取り扱い方法といった基本的な知識から、パワーストーンの選び方・形の意味・効果について理解し、恋愛や仕事・人間関係といった悩み別に適切なパワーストーンの選び方、組み合わせ、開運アイテム、アイテム別の効果的使用法をアドバイスできる一定以上の知識を持っている方に与えられる資格です。資格取得後は講師やセラピストとして活躍も可能です。こちらも勉強次第で初心者でも取得が可能な資格です。

 

(参考サイト)日本アロマメディカル心理セラピー協会公式HP

https://www.domap.net/test/tennenseki/

 

3位. パワーストーンセラピスト

日本能力開発推進委員会が行っている認定制度です。

受験資格は、同協会認定の教育機関にて講座を修了する必要があります。講座費用は税抜57,000円。受験申し込みから受験まで在宅にて行う事ができます。

試験内容はパワーストーンの基礎知識・種類別知識、ケーススタディなどから出題されます。合格基準は7割以上の解答率で合格。受験料は税込で5,600円。

 

(参考サイト)日本能力開発推進委員会公式HP

4位. ストーンコンダクター

日本パワーストーン協会が行っている認定制度です。

ストーンコンダクターと1級ディプロマの2種類があります。ストーンコンダクターは通学のみですが、1級ディプロマは通学か通信講座から選べます。ストーンコンダクターは28種類のパワーストーンの組み合わせについて学び、8つの課題(ブレスレット制作)を行い、審査に合格することで取得可能。技能講座は計8回行われます。1級ディプロマは144種類のパワーストーンの知識が必要になります。40問の筆記試験を受け7割以上の合格率で合格となります。

(参考サイト)日本パワーストーン協会公式 HP

5位. 天然石検定

天然石協議会が行っている認定制度です。

天然石は近年スピリチュアル関連で取り上げられることが多いですが、この検定では天然石を宝石としての価値を再認識したうえで、売り手と買い手が市場の健全さを維持する目的で行われています(ただし、宝石・天然石の鑑定士養成ではありません)。2級・1級・マスターと分かれており、どちらも筆記試験にて行われます。受験料は2級: 9,257円, 1級: 11,314円です。合格後はディプロマ登録料として別途費用がかかります。マスター試験は1級合格者に直接案内されるようです。
(参考サイト)天然石協議会公式HP

以上、パワーストーンに関する人気資格ランキングでした!
パワーストーン天然石  パワーストーン天然石