評判

ハンドメイド・クラフト手芸資格口コミ評判ランキング

ハンドメイド手芸

子どもの頃、母親に作ってもらった手作りのバックや編み物など、今となっては、良い思い出。既製品の物よりも、愛情が入っていることを知っているからか、大人になっても当時作ってもらっていたレッスンバックが思い出されます。ハンドメイドは、1点1点丁寧に作っていくため、こうしたい、こういうのが欲しかったというものを、オリジナルの作品として、作っていく楽しさがあります。これから趣味として手芸を始めたい方、興味があって始めたい方、またもっと技術を高めてみたい方におすすめの手芸資格になります。

1位 クラフトハンドメイドマイスター(クラフトマイスター)

日本デザインプランナー協会の主催する資格になります。装飾用糸の扱い方、布の染め方など、様々なクラフトの知識がある人、そしてやある一定の創作技術を有している方に認定される資格になります。趣味で始めた方が、技術を習得した後、自分の作品を展示会に出品してみたり、インターネットで販売をする人も出てきています。既製品に頼らず、手作りをすることによって、日々の楽しさや、また習得したスキルを応用して独自の作品作りなど、ライフスタイルの充実も味わうことができます。クラフトハンドメイドマイスター資格詳細

2位 手芸アドバイザー

日本生活環境支援協会の主催する資格になります。クラフトに関するカーピング、ギャザーなどの様々な知識、技術を理解していることを認定する資格です。クラフトはジャンルが広く、幅広い年代の方に楽しめることが大きな魅力です。初心者の方でも、手軽に実用的な物を作る事ができ、普段の生活に使用するものを買った物ではなく、自分で作った物に置き換えるだけで、心も豊かになり生活に張りも与えてくれることでしょう。自己流のアレンジを加えたりすることで、創造性も豊かになります。手芸アドバイザー資格詳細

3位 ハンドメイド・クリエイター

日本創芸学院認定の資格になります。アクセサリー、レザークラフト、バック、編み物など一流作家の作品の作り方を模倣
することで技術を学んでいき、そこから応用して独自性の作品を作ることが出来るようになります。また、最新のハンドメイドアイテムも教えてもらうことができるため、技術更新し、高めることができます。アクセサリー、バック、編み物、それぞれの分野に特化した作家から、アドバイスをしてもらい、新しい素材やデザインなどを使用することによってハンドメイドクリエイターとしての一人前の作品が作ることが出来るようになるでしょう。

4位 雑貨カフェクリエイター

日本雑貨カフェクリエイター協会の主催する資格になります。雑貨カフェの開業を目指している方におすすめの資格で、最短で7日間で開業のノウハウを学ぶことができます。雑貨店やカフェがあちこちにある現状もあり、生き残るためには、かなりのプロデュース力と戦略が必要になります。既にお店を持っている方や、これから開業を考えている方でも、この資格で、
実践的に学ぶことができます。雑貨とカフェが併設しているお店は、女性には特に人気があり、多様化したショップ作り、幅広いショッププロデュースの知識を学んでいくことが必要です。

5位 棒針編み講師認定証

日本手芸普及協会が認定する資格になります。マフラーや手袋、帽子など、毛糸で作ったものはかわいいけれど、手作りで
作るには、なかなか根気が入ります。編み物に興味がある方や、もう一度編み物をしてみたい方は、基本の編み方から様々な編み方を指導してもらえるおススメの資格です。作品を実際に編みながら、基本の模様の編み方や作品の仕上げ方を学ぶことができ、自分のサイズに合った作品を作れるようになると、創作意欲も湧いてきます。毛糸と棒針を使って編み物をして手先を使うことは、認知症防止にもなり、福祉関係の現場で働いている方も、活かすことができるでしょう。
ハンドメイド  ハンドメイド