評判

ネイルアートにこだわる女性が急増しているのにあわせて口コミ評判が高まるネイルアートデザイナー認定試験

諒設計アーキテクトラーニング口コミ評判

自分の勤め先に来ていた小学校低学年の女の子が、夏休みの長期休みを利用して自分のツメにネイルアートをしていました。もちろん本格的なものではなくお遊びのようなものでしたが、こんな小さい子もネイルアートに興味があるんだ!とびっくりしました。

少し年配の人の中には、「ツメにそんな派手な飾りをつけるなんて!」と眉をひそめる人もいますが、だんだんネイルアートが社会に受け入れられ、普通のことになりつつあるようで、中高生でネイルアートしている人は珍しくないようですね。

でも、ただきれいに飾るだけでなく、ネイルアートをする上で知っておくことがけっこうたくさんあるって知っていましたか?そんなネイルアートの基礎知識を認定してくれることで口コミ評判になっているネイルアートデザイナー認定試験に合格した人は女性あこがれの存在なのです。

そもそもいつごろから始まったの?

ネイルアートっていつ頃から始まったと思いますか?中世の貴族が始まり?農耕時代ぐらいから?実はもっと昔で、紀元前4000年頃のエジプトのミイラにツメに着色したあとがあったそうです!ツメをきれいにしたい女性の欲望は6000年も前からあったのですね!

日本には平安時代に伝わり、貴族などの上流階級や遊女の間でひろまったそうです。

どうやったらネイルアートデザイナーになれるの?

口コミ評判の高いカリスマネイリストにはどうやったらなれるのでしょう?センスや才能も必要ですが、まずはネイルアートの基礎知識を知っておく必要があります。ネイルアートデザイナー認定試験に無事合格した場合、ネイルアートデザイナーという専門家になりますので、あなたはプロとして活躍できますし、それなりの実力が問われるからです。

まずはざっくりとどのような基礎知識が必要かみてみましょう。

ネイルアートの種類

ネイルアートにはいろいろな種類があります。最低限下記の知識はネイルアートデザイナー認定試験に合格するために必要となるでしょう。

①ネイルケア
健康や生活の為のツメの保護や、美容や身だしなみのために、爪の表面の凹凸やルースキューティクル(甘皮が薄く伸びた部分)の処理をしたり、人工爪の脱着を繰り返して傷んだ爪の手入れを行ったりして、自爪と周辺の皮膚を良好な状態にするのがネイルケアです。

②マニキュア
ネイルケアの一種で、爪の表面を塗装する事、またはそれに用いる塗料のことを指します。

③ペディキュア
足と足の爪への手入れを指し、主に足の爪にエナメル液を塗ることや、そのエナメル液を指して「ペディキュア」と呼びます。

④付け爪
最近口コミ評判で増えている付け爪は、自爪に貼り付けるまたは練りつける人工爪の事です。自爪への保護作用は付け爪の種類と施術方法により異なり、TPOに合わせてツメを着飾ることができます。

ネイルアートするときの注意ポイント!

口コミ評判で若者の間に圧倒的な市民権を得ているネイルアートですが、健康被害については無頓着な人が多いです。

ネイルアートデザイナー認定試験の必須項目でもあるネイルアートの健康被害について知っておくことはトラブルを避ける意味でも大事です。

例えばこんな健康被害があるのです

・ツメにかびがはえた
・やけどした
・かぶれた

などなど。

ネイルアートデザイナー認定試験はそのようなことが起こらないように、一定の健康被害対策の知識があることを合格条件にしているので口コミ評判が高いのです。