評判

ドッグトレーニングアドバイザー口コミ評判

ドッグトレーニングアドバイザーとは

ドッグトレーニングアドバイザーとは、日本生活環境支援協会が認定している講師資格で、ペットとして飼われてる家庭の犬のしつけの基本を理解して、アイコンタクトを通じてトレーニングができ、確実に訓練の手順を身につけている人に与えられます。資格を取得するには、ドッグトレーニングアドバイザー認定試験に合格する必要があります。

人と犬との信頼関係を築くために

人間と犬は、太古の昔から共に生きてきた間柄です。うまく意思疎通が図れれば、生涯の友として充足した人生を送ることができるでしょう。しかし堅固な間柄を築くには、しっかりとしたトレーニングをして躾ける必要があります。

ドッグトレーニングアドバイザーには、アイコンタクトやハンドサインを使っての、待てやおすわり、おいでなどの基本的な躾をはじめとして、散歩時にリーダーウォークを通じて人間主導の歩き方の教育、来客時の対応など、人と犬が生活していくうえで大切で基本的なトレーニングを行える事が求められます。

飼い主さんは、どうしても甘やかしてしまいがちですが、犬は集団の中でリーダーに付いてく生き物です。飼い主=リーダーにならないと、人も犬も幸せな生活を送れないので、ドッグトレーニングアドバイザーには、人と犬の心地よい関係を築くために、必要なことをアドバイスするという役割があるのです。

試験のしくみ

ドッグトレーニングアドバイザー認定試験を受験するのには、特別な資格は必要なく、興味のある方は誰でも試験を受ける事ができます。受験費用は1万円で、インターネットから申し込めます。そして試験場所は自宅です。家に居ながらにして資格試験を受けられるのです。申し込みをすると、受験票や答案用紙が送られくるので、定められた試験期間内に自宅で解答し、記入した答案用紙を郵送で期限までに提出します。合否の結果は1ヵ月後くらいに知らせてくれます。

申し込みから受験まで、自宅ででき、誰でも手軽に挑戦できるという点が大きなメリットですが、その分合格には70%以上の正解率が必要となっています。試験は概ね2ヶ月に1回の割合で行われているので、合格するのに十分な知識が身についた時点で、受験する方がいいでしょう。

ドッグトレーニングについて学ぶには

ドッグトレーニングアドバイザーになるために学ぶには、色々な方法があります。ドッグトレーニングの専門書もたくさん出てますし、ネットで情報を集めることも可能です。友人の犬で試してみたり、教室に参加してみるのもいいでしょう。

日本生活環境支援協会は、生活に役立つスキルを持つ人の地位向上を目指す団体です。学校ではないので教室や講座は開いていませんが、諒設計アーキテクトラーニングというスクールが、ドッグトレーニングアドバイザーについて学ぶのに適した講座を行っています。『ドッグトレーニングアドバイザーW資格取得講座』というコースで、基本的な犬のしつけや、犬種別のトレーニング方法などを学びながら「ドッグトレーニングアドバイザー」と「犬のしつけインストラクター」の2つの資格を同時に取得する事を目指す講座です。犬のトレーニングのプロになるためのカリキュラムが組まれているので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

口コミ評判

「ペットショップで働いています。犬のしつけで悩んでるお客様が多いことから、ドッグトレーニングアドバイザーの資格を取得しました。お客様の様々な相談にのる事ができ、非常に助かっています。」「愛犬が問題行動を起こすので取得しました。何がいけなかったのか、ようやくわかって、犬も従順になってくれています。」「この資格を取得してから、友人を経由して講習を頼まれるようになりました。」など、自分の愛犬に対しても、仕事上のスキルを伸ばすためにも、役立てることができているようです。

日本では近年ペットの数がますます増え、ついには子供の数よりも多くなっています。少子化が止まる様子もないので、これからもペットの数は増えることが予想されます。そんな中、犬の躾について専門的な知識で対処できる、ドッグトレーニングアドバイサーの資格は、ますます価値のあるものになってゆくのではないでしょうか。
ドッグトレーニング  ドッグトレーニング