評判

デッサン資格口コミ評判ランキング

デッサン人形

デッサンは、なかなか自己流では習得が難しいもの。子どもの頃とは違い、なかなか思い通りに描けず、小手先だけでは、いつまで経っても上手には描けません。やはり、デッサンの専門の知識や技法が必要にってきます。美術、芸術関係の大学や、専門学校を出たりして、本格的なデザインを仕事にしている方たちが取得する資格でもあり、本格的な専門技術や技巧を取得することができます。また、デッサンに興味があり、自由な時間を有意義な時間にしようと、スケッチを始めようとする方
にも、おすすめの資格です。初歩的な基本技術から、段階的に難しい技法へと進んでいくため、絵をもっと上手に描きたい、デッサン力を高めたいという方にも人気のある資格です。デッサンすることは、対象物をそのまま描くことでもありますが、自分を表現する一つとも言えます。デッサンを通して表現することで、心のストレス発散や癒しにも繋がり豊かな時間を過ごすことが出来るようになります。資格取得後は、絵の指導やアドバイスをする講師として活躍する事も可能になります。

1位 鉛筆デッサンマスター

日本デザインプランナー協会が主催する資格になります。デッサンの理論や技術を理解し、様々な対象を描く技法をマスターした人に与えられる資格になります。美術、芸術関係を目指す方や、デッサンを趣味にしたいと思っている方におススメの資格です。デッサンの技法は、様々です。まずは、描く対象となるものを、描きやすいものからスタートし、光と影や、立体感を出した技法を学びます。その後、少し形が複雑になってくるものを対象とし、表現方法を少しずつ難しいものに段階を踏んでいこくとで技術を習得していきます。デザインの基礎の基礎から学んでいくので、今の仕事の幅を広げたい人だけでなく、趣味としてデッサンを始めようと思っている方にでも、無理なく始めることができます。基本、用具の使い方、デッサンのモチーフを観察し、見る力や表現力を学びます。物の固有色を、黒、グレイ、白のトーンに置き換え、複雑な形の物をどう表現するか多くの部分の持つモチーフを、より現実感のあるデッサンにするかを学び、そして、3次元のものを2次元に移し替える方法でより表現力をアップさせる技術を学びます。最終段階では、風景や人物像まで描くテクニックを学ぶことになります。美術、芸術系の仕事に興味がある方、余暇や、趣味のひとつとして、風景や建物をデッサンすることを目的としている方などにおススメの資格です。
鉛筆デッサンマスター資格詳細

2位 絵画インストラクター

日本インスタクターが主催する資格になります。風景や景色を全体を捉え、スケッチするテクニックや、花や果物、人物などをデッサンするときに、目に入る対象物をそのままの姿で、光や影を思い通りに描く立体的精密技術を有する人に認定する資格になります。デッサンやスケッチに関する技法や、道具の使い方などを専門的に取得していることが必要となっています。ファッション、インテリア業界、建築関連のデザイナー、アニメーション、イラストレーターなど、デザインや絵を仕事にしているクリエイターたちが、実務の中で鉛筆デッサンの能力を発揮しています。デザイナーや、クリエイターにとって、求められるデザインや、企画された提案をデザインにする際に、イメージする構図や図形が頭のなかで、創造し、具体化することができる手腕が問われます。そのためにも、基本的な知識だけでなく専門の技術や技能が必要とし、相手によりわかりやすく、具体的に説明することができるコミュニケーション能力も必要になってきます。資格取得後は、芸術、美術、デザインに関連する仕事で、活かしたり、または、趣味の一つとして、デッサンを自宅で楽しんだり、デザインやスケッチの技能や技術を活かして、自宅で教えたり、カルチャーセンターでデザインのアドバイスや指導を行うことができるようになります。
絵画インストラクター資格詳細
デッサン  デッサン