評判

スパイス・調味料資格口コミ評判ランキング

スパイス調味料

食生活の多様化により、さまざまなスパイス&ハーブを使った料理を食しています。家庭料理のなかでも、カレーは、今や国民食となっています。いつものカレールーをスパイスを上手に取り入れ、本格的なカレーを作って豊かな食生活を楽しんでみてはいかがでしょうか。スパイスに興味があり、もっとスパイスを楽しみたい方におススメの資格になります。スパイスは、辛みだけではなく、芳香や臭み消しなどでも活躍し、セカンドサプリメントとしての食品機能もあります。正しい知識を学び、上手に日々の食生活に取り入れていくことが豊かな生活にもつながります。

1位  スパイス香辛料アドバイザー(スパイスソムリエ)

日本安全食料料理協会が主催する資格になります。スパイスの歴史やスパイスの種類を理解し、様々なスパイスを有効活用できる人へ認定されます。スパイスの種類や分類、特徴や利用方法などを学ぶことができます。スパイスには、様々な効用があり、カレーに使用されるターメリックは、消化作用や新陳代謝の活性をよくする効果があり、シナモンは殺菌効果、ショウガは、発散、解熱、保温などの働きがあります。このように知っているようで知らないスパイスの効用を知るだけで、日々の家族の健康管理のために、食事や飲み物として取り入れることができます。取得後は、飲食業界で資格を活かしたり、スクールの講師などで活躍することができます。スパイス香辛料アドバイザー資格詳細

2位 スパイスインストラクター

日本インストラクター協会が主催する資格になります。スパイスの種類、その効果や作用を理解し、スパイスを適切に使用可能な知識を持つ人へ認定されます。スパイスは、古くから香辛料として一般的に活用されており、料理には欠かせない存在となっていました。スパイスには、身体の栄養補給や、体調のバランスを整えるだけでなく、新陳代謝の活性化や、疲労回復など様々な効果を発揮してくれます。スパイスのそれぞれの効用を詳しく知り、その時々の体調によって取り入れるスパイスを使った飲み物や、スパイスを使った料理のレシピなど、提案することもできます。
スパイスインストラクター資格詳細

3位 スパイス&ハーブ検定

山崎香辛料振興財団を主催する資格になり、3級からスタートし1級まであります。スパイス&ハーブに関する基礎知識だけではなく、料理や日々の生活の中に取り入れていく実用的なことも学ぶことができます。スパイス&ハーブの歴史、健康と
美容への利用や効用、スパイス&ハーブを使ったクラフトの作成などもあります。また、スパイスやハーブを使った手作りのハーブペーストや、ドレッシング等も応用して自家製のものができるようになります。1級になると、周囲の人にもスパイスに関してどのように取り入れていけば良いのか等、その人に合ったアドバイスできるようにまります。

4位 スパイスコーディネーター

スパイスコーディネーター協会が認定する資格になります。スパイスの基礎知識、機能や成分など、スパイスの活用方法と調理方法、応用的な活用方法などの能力を有している人に認定されます。スパイスコーディネーター(中級)コースは、協会の講座、全10単位を受講することによって認定試験を受けることができます。スパイスの健康法や、新規活用の可能性など、幅広く学ぶことができ、正しいスパイスの使い方を得ることができます。スパイスを料理にもっと取り入れたい方、スパイスの効用や効果を知り、取り入れてみたい方におススメの資格です。

5位 カレーマイスター

日本野菜ソムリエ協会が主催する資格になります。国民食でもある「カレー」。世代を超えて愛される料理です。カレーマイスターは、カレーを愛し、様々な知識を文化の発展につなげてくれる専門家です。カレーを通じて食の楽しみや魅力を、更に社会へ発信してくれることができることをマイスター取得の定義としています。カレーやスパイス料理の料理方法を取得し、もっと家庭て楽しむ事ができるようになります。また、飲食業界でも、スパイス料理やカレーに関する知識を活かすことで、活躍できると思います。
スパイス  スパイス