評判

スパイスインストラクター認定試験は、スパイスの味や香り、その他の優れた効果が得られると口コミ評判になっています。

スパイス調味料

あなたは日々の食事にスパイスを加えておられますか?それほど凝った物でなくても、簡単なスパイスを料理に加えるだけで香りがひきたち、食欲が増しますよね。

実はスパイスには味を良くし香りをひきたたせることで食欲増進の効果以外にも様々な効果があるって知っていましたか?あなたがスパイスが好きで、もっとスパイスを学んでみたいという意欲があるならスパイスインストラクター認定試験に挑戦されてはどうでしょう?

スパイスをバランスよく摂取することで健康になったという口コミ評判もありますので、あなたやご家族の健康にも役立つ資格ですし、最近増えてきたインド料理店などでは、スパイスインストラクター認定試験で得られた知識が信頼の元にもなっているそうですので、あらたな収入源になるかもしれませんね!

スパイスの種類を知ろう!

さて、スパイスには実に色々な種類がありますが、主なものについては知っておく必要があります。ここでは、スパイスインストラクター認定試験を受けるために必須と思われる代表的なスパイスとその効果について簡単にご紹介します。

ターメリック・・・カレーなどに使われるスパイスとしてスタンダードなものですね。実はターメリックには消化作用や新陳代謝の活性をよくする働きがあります。

シナモン・・・ケーキなどに使われ、これも有名なスパイスですね。独特の香りが好きであなたも料理に使われているかもしれませんが、殺菌効果もあるのです!

ショウガ・・・意外に思われるかもしれませんが、ショウガも実はれっきとしたスパイスなのです。発散、解熱、保温などの働きがあるので、かぜをひいたときなどに使われていますよね。

このように、スパイスには身体への栄養補給だけでなく体調のバランスを整え、消化の促進、新陳代謝の活性、体質の改善、疲労回復など様々な役目をもっているのですね。

ですので、スパイスインストラクター認定試験では味や香りに加えて、これらの効果を把握しながら、相手をより健康にする料理法まで問われているのですね!スパイスに対する深い知識や理解、そして料理への活用方法をあなたが極めることができれば口コミ評判の高いスパイスインストラクターになれるでしょう。

スパイスの安全性

スパイスによって健康になれることを説明してきましたが、「薬を飲めば良いのでは?」という疑問を持つ方もいらっしゃるでしょう。でも、特に西洋薬では副作用が気になりますよね。食品であるスパイスなら副作用の心配はあまりありません。

ただ、スパイスと他の薬とを同時に摂取すると、医薬品の作用を強くしたり、逆に作用を弱めるものがあることが知られています。古くから言われている「食べ合わせ」と同様に、スパイスと薬の相互関係についてもスパイスインストラクター認定試験ではしらなければなりませんね。

微生物による汚染の可能性

また、もう一つの注意点としてスパイスが微生物によって汚染されている可能性について示唆しておきます。

多くのスパイスは、加熱することで香りが変質したり失われてしまうため、加熱処理されません。そのため、食中毒の原因となりうる微生物が混入している場合があるそうです。もちろんそのようなことがないように輸入の段階でチェックはされているはずですが、万が一の可能性としてそのような危険性も知っておくべきでしょうね。

以上、スパイスを使う様々なメリットと注意点を述べてきましたがなんといってもスパイスの最大の魅力は味と香り。それを楽しむことからまずは始めてみましょうね!
スパイス  スパイス