評判

コーヒー・カフェ資格口コミ評判ランキング

カフェオーナー講座

コーヒー専門店の増加とともに、自宅で本格的にコーヒーを淹れて飲む方も増えてきています。コーヒーは知れば知る程、奥が深い。コーヒー豆の種類や相性、美味しい淹れ方などを本格的に学んで、自分好みのコーヒーを朝食で飲めたら、最高ですね。自宅でお客様を迎えたときのおもてなしや、もっと美味しくコーヒーを飲みたい方におすすめの資格です。

1位 コーヒーソムリエ(コーヒーアドバイザー)

日本安全食料料理協会の主催している資格です。コーヒー豆や産地、種類、焙煎についてなどの、コーヒーを選び楽しむための知識を習得し、コーヒーについての基礎知識を有していることを認定します。コーヒーの歴史や、コーヒー豆の知識、豆の相性など全般に学ぶことができます。また、コーヒーの淹れ方の技術や、豆の保存方法など、コーヒーの知識を増やすことで、奥深さを知ることで、新たな発見をすることができることでしょう。資格取得後は、カフェや、コーヒー豆の専門店などで活かすこともできます。コーヒーソムリエ資格詳細

2位 カフェオーナースペシャリスト(カフェマイスター)

日本安全食料料理協会の主催している資格です。カフェオーナーの知識と、それを実務で活用できる技能を有していることを
認定する資格になります。カフェオーナーとして必要な開業や運営の知識、マーケティング戦略が必要となります。内装や設備など、開業に必要な準備やスケジュールなど全体を通して学ぶことができます。飲食業界で働いている方や、これからカフェを開業したいと思っている方、コーヒーに関する知識や、焙煎、豆の相性など、コーヒーをもっと自宅で楽しみたい方なども、楽しく学ぶことができるでしょう。カフェオーナースペシャリスト資格詳細

3位 コーヒーインストラクター

全日本コーヒー商工組合連合会認定の資格です。2003年に、コーヒーの普及と技術の向上を目的として、国内で初めての資格認定制度としてスタートしました。インストラクター2級から、1級、そして鑑定士という順番に技術向上していける
資格になります。コーヒー業界で働く人たちだけでなく、一般の方でも受講、取得することができます。2級の基礎的な知識、1級のコーヒー製造業者の専門知識、鑑定技術を必要とします。そして鑑定士は、原料調達、製造管理、品質管理、高度な専門知識が必要となります。

4位 コーヒーマイスター

日本スペシャルティコーヒー協会が主催する、「コーヒーマイスター養成講座」を修了し、認定試験に合格した方がもらえる資格になります。コーヒーに対する深い知識と基本技術の習得をベースとしている資格になり、抽出、焙煎、カッピングなどを学んでいくことで、豊かなコーヒー生活を始めたい方におすすめの資格です。コーヒーマイスターの資格を取得した後、レベルアップをし、コーヒーの知識や、技術をレベルアップしたい方は、更にアドバンスド・コーヒーマイスターのコースが用意されています。

5位 JBAバリスタライセンス

日本バリスタ協会が主催する資格です。JBA認定校であるバリスタライセンススクールに通うことで、認定されることができます。段階としてレベル1は、バリスタとしての基本的な知識や技術を学び、エスプレッソを抽出することができることが必要とされます。レベル2になると、エスプレッソ抽出において高度な知識と技術が必要で、コーヒーに関わる水や牛乳についての知識、マシンについての仕組みや調整技術が基準を満たしていることが必要になってくる。レベル3は、高度な技術だけではなく、指導者としての立場に立てる者として認定される。

6位 コーヒーコーディネーター

日本創芸学院が認定している資格になり、講座を修了した際に、コーヒーコーディネーターの資格を取得することができます。コーヒーの基本的な知識や、コーヒーの淹れ方、アイスコーヒーの作り方、エスプレッソの抽出方法やカッピング等も学ぶことができます。またコーヒーと相性の良いケーキの作り方、クリームや砂糖の使い方等、更にはカフェ開業まで学ぶことができるため、体系的にコーヒー業界の全体像、コーヒーのコーディネートを学ぶことになります。
カフェオーナー  カフェオーナー