評判

キッチン資格人気ランキング

キッチン

キッチンがもたらす効果についてご存知ですか?普段何気なく使っているキッチンですが、整理整頓や使い勝手をよくすることで得られる良い心理的効果があります。キッチンが綺麗だと生活の乱れが改善されるという研究結果もあります。
今回はキッチンに関する資格をランキング形式で1位〜3位までご紹介します!

1位. キッチン心理カウンセラー 

日本アロマメディカル心理セラピー協会が行っている認定制度です。
現代の社会では様々なストレスを受ける可能性があります。キッチン心理カウンセラーは、人間の基本的な「食べる」という行動に対してアプローチし、ストレスを軽減しようとする資格です。
出題範囲は心理学と基礎知識、様々なキッチンの施設などについて問われます。キッチンが整っていること、また使い勝手が良いことで良い心理的効果を得ることができます。主に主婦の方が家族のために取得されるケースが多いようです。
受験資格は特にありません。申し込みから受験まで在宅で行うことができます。受験料は税込10,000円。
(参考サイト)日本アロマメディカル心理セラピー協会公式HP

https://www.domap.net/test/kitchenshinricounselor/

2位. キッチン心理アドバイザー

日本インストラクター協会が行っている認定制度です。
食料や飲料がもたらす効果、リラックス効果や心理的効果について出題されます。また、キッチンに関わる倫理、心理アセスメント、地域医療の考え方、チーム単位の心理アプローチ方法などについても出題され、キッチンが人に及ぼす効果についてまんべんなく学ぶことができます。場所に見合ったキッチンというものがあるので、アドバイザーとして提案をすることも可能です。こちらも主婦の方に人気の資格のようです。
受験資格は特にありません。申し込みから受験まで在宅で行うことができます。受験料は税込10,000円。
(参考サイト)日本インストラクター協会公式HP
https://www.jpinstructor.org/shikaku/kitchenshinri/

3位. キッチンスペシャリスト

インテリア産業協会が行っている認定制度です。
快適で使い易いキッチンを提案し、施行につなげる資格です。建築関係や住宅・住宅リフォーム関係のお仕事に就いている方が取得を目指す資格です。
試験は実技試験とマークシート方式の筆記試験があります。受験料は、同一年内に学科・実技を受験される方であれば14,000円、学科試験または実技試験を別々で受ける方は各10,000円です。インターネットから申し込みも可能ですが、試験は会場に行く必要があります。試験範囲は住居と食生活、キッチン空間、キッチン機能、キッチン設計施行、キッチン販売について幅広く問われます。
実技試験は図画にてキッチン空間の企画提案を行います。
資格取得後は5年分の登録料を支払うことで資格の保有・維持ができます。
(参考サイト)インテリア産業協会公式HP
https://www.interior.or.jp/examination/ks_intro/
以上、キッチン資格人気ランキングでした!
キッチン心理カウンセラー  キッチン心理カウンセラー