評判

カラーセラピー資格口コミ評判ランキング

色彩

カラーセラピーは、色彩心理学とも言われています。色には、それぞれ特徴があり、心理的に大きな影響を与えていることが実証されています。色が溢れている日常の中で人に与える効果を心理療法として学んでいきます。赤は、強いエネルギーを
もたらす色のため、やる気が出る、元気が出来る、と言ったエネルギーが出ている色です。黄色は、心理学的には、強い希望を抱いているときに、乗り越えなければならないハードルがある時、または自己アピールの強い人に好まれる色です。緑は
イメージ通り、癒しと安らぎの色で、人に安心感を与えてくれる色です。青は、心身の興奮を鎮め、感情を抑える色で、集中力をサポートしてくれる色です。そして誠実さを感じさせる色で、ビジネスでは人とのコミュニケーションの取りやすい色になります。このように、それぞれの色の特性を活かし、取り入れていくことは、心身の精神的バランスを取るためにも必要です。

1位 日本アロマメディカル心理セラピー協会のカラーセラピー

日本アロマメディカル心理セラピー協会主催による資格になります。カラーセラピーは、色彩療法とも言います。それは、色の生理的効果や心理的効果を利用し、精神的安定のバランスをとることを目的としています。色の効果、原理、活用方法などの知識が必要となります。資格取得後は、カラーセラピストとして活躍することが可能です。カラーセラピストとして仕事を始める際には、どこかに就職して働くというよりは、自宅をサロンとしたり、スクールで講師活動して働くという方が多いようです。またセラピーの関連の癒しグッズを販売したり、独自に開発したカラーセラピーを用いて収入を得ることも可能になってきます。カラーセラピー資格詳細

2位 カラーアドバイザー

日本デザインプランナー協会が主催する資格になります。日常生活の中で、多くの色に囲まれて私たちは生活しています。色によって、わたしたちが感じる印象は大きく異なります。そしてそれが心理的作用にも大きく影響しているのです。その色による性質や特質を理解し、その人にあった心理的療法として色について、的確なアドバイスができるようになります。自分の色を知る事は、自分自身と向き合う事であり、自分を知る事にもなるのです。カラーアドバイザーとして、色の見え方、特質、配色の技法など基本的な知識を習得し、実務経験を積んで行く必要があります。資格を活かせる職場として、ファション関係、インテリア、プロダクト、建築など多くの業種で活躍することが期待できます。カラーアドバイザー資格詳細

3位 TCカラーセラピスト

株式会社トゥルーカラーズが運営しているカラーセラピスト講座になります。家庭で、または周囲の人を癒すことを目的とした心理療法のカラーセラピー。美容室やエステサロン、ヒーリングサロンなどでもメニューとして加えることも可能になります。カラーセラピストは、興味があればどなたでも始められ、初心者でもすぐに取得できる比較的簡単な資格になります。カラーセラピストは、色彩心理をベースとし、カウンセリング手段のひとつとしているものです。TCカラーセラピストは、誰でも簡単にカラーセラピーができるようにと、マニュアルと、14本のカラーボトルを付けた講座が、1日で取得することができる、興味や関心がある方にとっては、気軽に受講できる講座になります。

4位 カラーセラピスト

日本能力開発推進協会の主催による資格になります。心のストレスを抱えている相談者に対して、カウンセリングによって、解決策を的確にアドバイスできる能力をそなえていることを証明するものです。カラーセラピーとして、心理的に悩んでいる人と向き合い、色彩心理を利用し、サポートすることができるセラピストを育成する目的として設立されました。カラーセラピーの基本的な知識や、色彩に関する知識、そして、人とのコミュニケーション能力やアドバイザーとしての専門知識と能力がある人が、カラーセラピストとしては、必要になってきます。カラーセラピーとして活躍してみたい方、カラーセラピーを一から勉強し、色彩療法を自分自身で取り入れてみたい方などにおススメの資格になります。
カラーセラピー  カラーセラピー