評判

インテリア資格口コミ評判ランキング

インテリア

住環境を、快適に過ごせる空間にすることは、生活する上で、とても重要なことです。思い描いているイメージや、プランに沿ったそったインテリアをアドバイスすることで、信頼され、仕事への意欲にも繋がります。インテリアの仕事は、あらゆる空間で必要な仕事で、住宅や店舗、レストラン等の建物のデザイン、設計、そして家具や、証明器具、その他のインテリア商品のデザインをすることができなければなりません。これから、インテリアの仕事や目指している方、住環境のプランニングできる仕事をしたい方におすすめの資格になります。またインテリアが好きで、自宅を素敵に演出してみたい方にもおすすめの資格です。

1位 インテリアデザイナー

日本デザインプランナー協会が主催する資格になります。インテリアデザイナーとして働きたい方、インテリア・建築業界で働きたい方にとっても強い味方になってくれる資格になります。インテリアに関する商品知識、デザイナーとしての表現力やデザイン力などを学んでいきます。インテリアデザイナーを目指す人は、建築学、工学、美術、CADの知識など幅広い知識が必要となり、多くは家政学、生活化学、美術、建築学の学部、学科で学び、その後、就職して実践として経験や実務を経験していかなければなりません。インテリアデザイナーとして活動していくには、相手の要望やイメージに沿って、室内はもちろん、設備、照明器具まで設計し、自由に演出できる技能が必要になり、コミュニケーション能力も必要です。
インテリアデザイナー資格詳細

2位 インテリアアドバイザー

日本デザインプランナー協会主催による資格になります。現代の多様化する生活スタイルに合わせて、その顧客の要望を、専門的知識を活かしインテリア空間を提案していくことを有した資格になります。インテリアの知識や、コーディネイト知識や、技術、色彩感覚が必要となります。将来、インテリアで空間デザインを演出し、アドバイザーを目指している人にとっては、おススメの資格になります。資格取得後は、ショールームや、インテリアショップなどで、販売員などの経験を積み重ね、アドバイザーとしての見習いをしながら、実務経験をしていきます。将来的には、お客様の要望に合わせて、アドバイスも出来るようになります。
インテリアアドバイザー資格詳細

3位 インテリアコーディネーター

インテリア産業協会が主催する資格。住宅やオフィス、店舗、レストランにおいて、快適な住空間をつくるために、専門知識を活かし、適切な提案やアドバイスを行う能力を有する人が認定される資格です。家具、ファブリック、照明器具などに関する幅広い商品知識が必要となってきます。そして、インテリアに関する商品選択のアドバイスをすることができます。顧客のライフスタイルの希望をしっかりと聞き、ニーズに合わせた提案をすることが必要です。資格取得後は、住宅、インテリアメーカー、工務店、販売店などでアドバイスをおこなうことができます。

4位 インテリアプランナー

国土交通省所轄の建築技術教育普及センターが行う試験に合格し、登録を受けたものが取得する資格になります。インテリアプランニングにおける、企画、設計、工事管理などを全体として取り纏めができる技量と才能が必要になってきます。インテリアプランナーは、インテリアに関して、知識と技術に精通した専門家でもあります。インテリア空間を、高い技術と感性、経験によって、そのイメージやコンセプトに沿った提案ができ、実現する仕事になります。住宅、オフィス、店舗、公共施設、ホテル、病院など全ての建物に関するインテリア空間をプランニングしていく仕事で、高い専門性を必要としますす。

5位 インテリア設計士

日本インテリア設計士協会が主催する資格になります。安全で快適な住環境を得られるよう、インテリアに関して、企画、設計、施工、などの高度な知識、技術、技能を有していることを認定する資格になります。インテリア設計士は、技術、技能を学ぶだけではなく、インテリアに関する様々なことを理解し、経験と知識が必要になってきます。インテリアは、家具や、カーテン、照明器具がありますが、空間全体で演出し、音、光、アロマの香りなど、総合的にプロデュースすることができる専門家です。インテリア設計士は、2級は、学歴あるいは実務経験が必要になり、1級になると、学歴と実務経験が必要になってきます。インテリア、建築、住居学、生活科学、住環境の専門教育を受けた経験が必要になっています。
インテリアデザイナー  インテリアデザイナー