評判

おしゃれだと口コミ評判の高い資格をフラワーアレンジメントデザイナー認定試験で得よう

フラワーアレンジメント

昔「警部補古畑任三郎」というテレビドラマを見ていて、部下の刑事の一人がプライベートでフラワーアレンジメントをしているという設定の回がありました。自分はその時にフラワーアレンジメントを初めて知ったのですが、その話の舞台が伝統的な生け花とフラワーアレンジメントとの対立になっていました。

フラワーアレンジメントは気軽に取り組むこともでき、おしゃれなので口コミ評判が高くなっていて、その資格が取れるフラワーアレンジメントデザイナー認定試験は、認定している日本デザインプランナー協会でも人気資格の一つとなっています。

まずは、フラワーアレンジメントと生け花(華道)との違いを簡単に比べてみましょう。

生け花(華道)との違い

厳密に言うと生け花と華道とは違うそうですが、ここでは同じようなものとして考えます。

生け花は様々な流派があり、その歴史は古代アミニズムにまでさかのぼることができるそうです。仏教とも関連が深く、今でも葬儀の献花などで使われていますね。

特に江戸時代後期に発展して、その時に様々な流派にわかれたようです。そして、現在では海外にその良さが口コミ評判になっているほどです。

生け花の特徴は、基本的な形を重んじながら自然素材の美しさを見出していくところにあるようで、流派によるもののある程度の成約が課せられていることが多いです。

フラワーアレンジメントの特徴

一方でフラワーアレンジメントは欧米流の考え方をくむもので、近年カルチャースクールなどで口コミ評判が高まっています。

ブーケやクリスマスの飾りなどから、かごなど日用品を美しく飾るものなど、自由に楽しめるものだから口コミ評判が高まっているのでしょう。

使われる花の種類も、生け花では個性的な味わいがある花が多いのに対し、フラワーアレンジメントで使われる花は整っていて見栄えが良く万人受けするようなものが使われる傾向にあるようです。

フラワーアレンジメントが口コミ評判になっている理由

冒頭のドラマでフラワーアレンジメントを習っていた部下の刑事は、精神科の医師のすすめでフラワーアレンジメントを始めました。ドラマだけの話かと思っていたら、実は本当にそういう人は多いそうです。

マンションなどでも緑地を作ることが義務づけられているように、草花は人の心をいやします。フラワーアレンジメントデザイナー認定試験は、そんな現代人のいやされたいという願望を満たすために口コミ評判になっている資格であると言って良いでしょう。

プリザーブドフラワー

最後に、自分が利用したフラワーアレンジメントをご紹介します。それは「プリザーブドフラワー」と呼ばれるものです。母の日に贈るために買いました。

そのプリザーブドフラワーの特徴は、

・水を与える必要がなく、イベント等に向いている。
・生花のような短期劣化はない
・生きた植物と比べても遜色のない、瑞々しい質感と柔らかさがある。
・軽い
・長期間同じ形のままである
・花粉アレルギーの心配がない
・ウェディングブーケとして重宝されている

などです。

自分も実際に手にとってわかったのですが、ドライフラワーのような乾燥した物でなくみずみずしさがのこっていて、しかも1年以上はそのままの形だったと思います。「こんなものがあったのか!」と感動したことを覚えています。

あなたも、そんな感動を与え口コミ評判の高い作品を作るためにフラワーアレンジメントデザイナー認定試験をうけられてはどうでしょう!
フラワーアレンジメント  フラワーアレンジメント