評判

音楽で救われた体験をいかし、口コミ評判の高い音楽療法インストラクター認定試験に合格してみましょう

音楽療法士

あなたは音楽を聴くことで救われたような経験がおありでしょうか?

・仕事がうまくいかず、落ち込んだとき
・恋人とけんかしたとき
・家族や友人がなくなったとき

など、様々な心の痛みを音楽で癒すことができます。あなたもきっとなにかの場面で音楽を聴いて心が癒された経験があるでしょう。

そのような音楽の効果を健康法、または代替医療として発展させたのが「音楽療法」と呼ばれるものです。音楽療法によって、落ち込んだ状態から早く立ち直ったり、うつなどの予防・解決につながるのです。

音楽療法って素晴らしいですよね。そしてその音楽療法を深く理解し、相手に適切に音楽療法を施せるインストラクターができると認定する「音楽療法インストラクター認定試験」という資格がにわかに口コミ評判になっています。

音楽が持つ不思議なパワー

音楽は本当にふしぎですね。聴くだけで心が落ち着いたり、気分が高揚したりします。また相手を落ち込ませることにも音楽が使われますので、音楽を使う両方は諸刃の剣といえるかもしれませんね。

だからこそ、音楽の役割や重要性、そして生活の場面でどの音楽が適しているかを把握していることではじめて合格できる「音楽療法インストラクター認定試験」は口コミ評判が高まっているのです。

原始的な音楽から現代的な音楽まで様々な種類がありますが、特にクラシック音楽の持つ不思議なパワーは昔から有名です。

クラシック音楽

中世に誕生したクラシック音楽は、モーツァルトやバッハ、ベートーヴェン、シューベルトなど数々の有名作曲家が名曲を生み出し続け、日本にも伝わりひろまっているように世界各地で愛されています。

その多くは癒やしをもたらすことが様々な研究からも明らかになっていて、脳波が安定したり脈拍や鼓動が落ち着くなど科学的にも効果が実証されています。

クラシック音楽を聴くと集中力が高まるので、受験生やビジネスマンに好まれていますし、部屋のBGMにクラシック音楽を取り入れている方も多いことでしょう。

音楽療法インストラクターのそもそもの役割は、音楽を通じて日常生活に癒やしを与えることなので、クラシック音楽は最適なのです。

音楽はインテリア

音楽はインテリア、という考えにご同意いただけるのなら、「音楽療法インストラクター認定試験」はぜひ受けるべきでしょう。インテリアといえば普通目に見えるものですが、香りなどと同様に目に見えないインテリアもとても大事なのです。

そう考えると、耳を通じて味わうインテリアとして音楽は捉えられるべきですね。あなたもぜひ「音楽はインテリア」であるという意識をもってほしいですし、音楽療法を誰かに施すのであれば、音楽をインテリアとして楽しむようにアドバイスされると、強制感なく相手に音楽を勧めることができるでしょう。

音楽は生活の一部

そう考えると、音楽は本当に生活の一部ですね。

生活をしていると、車の音や電気系統の音、その他いろいろな騒音・雑音があふれています。そのような騒音・雑音にしらずしらずのうちにストレスを受けているのです。

本来は風の音や木々のざわめき、川が流れる音などの自然の音で人の心は安定していたのですが、都会ではそれものぞめません。

だからこそ、都会であっても人と自然が調和できる空間作りが必要になってくるのです。そのために音楽療法はとても優れた方法なのです。
音楽療法  音楽療法