会社員にも独立志向にも適した人気資格、社会保険労務士

ビジネスマンとしてのキャリアアップに繋がり、なおかつ将来の独立開業も可能なものとして人気資格となっているものに、社会保険労務士資格があります。社会保険労務士は、法律に基づいて企業の労務や社会保険に関する書類作成の代行を行ったり、労務や社会保険に関するコンサルティングを行います。現代の日本型は終身雇用が崩れ雇用形態が多様化し、雇用や労務に関する環境が多様化する中で、現在の日本企業においては長時間労働や残業手当の不払いなど様々な問題が発生しています。公的保険、公的年金の分野でも多くの問題をかかえています。そのような問題を解決し、仕事とワークバランスの折り合いをつけることが出来ないと、幸せで豊かな社会は実現できないと言われている中で、社会保険労務士の役割は増大しています。社会保険労務士は、企業の総務や人事として労務管理や社会保険関係の業務を行う雇われ型と、独立して事務所を構えて企業等のコンサルティングを行う独立開業型のどちらの働き方もできるのが人気の秘訣です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ